>  >  > (業務用10セット) エレコム(ELECOM) LANリール LD-MCT SH7 〔×10セット〕

(業務用10セット) エレコム(ELECOM) LANリール LD-MCT SH7 〔×10セット〕 (×2セット) (業務用5セット) 1000BASE-T対応

Wolfram言語 & システム ドキュメントセンター
Wolfram言語ホームページ »

角度と極座標

複素数,ベクトル,または位置の角度による表現は,微積分,幾何学,測地学等の多くの分野で基礎となる構造である.

Wolfram Languageには,ラジアンにおける数値的オブジェクト,任意の角度単位を使ったQuantityオブジェクト,DMS(度・分・秒)リスト等,角度を扱う柔軟な方法が多数ある.これらの形式は,極座標と直交座標の間の変換を行う関数や,測地学的機能のための関数等,角度を扱う関数によって解釈され,自動的に変換される.

(業務用10セット) エレコム(ELECOM) LANリール LD-MCT SH7 〔×10セット〕 (×2セット) (業務用5セット) 1000BASE-T対応

Degree (°) — ラジアンから度に変換するための定数

FromDMS — 度・分・秒形式から変換する

DMSList  ▪  DMSString

Quantity — 角度の単位を明示的に指定する

ベクトルと経路

AngleVector — 指定の角度でベクトルを作成する

CirclePoints — 円の周りに等間隔で置かれた点(正 角形)

AnglePath — タートルのような回転と移動の列から経路を形成する

座標変換

FromPolarCoordinates {r,θ}から{x,y}に変換する

ToPolarCoordinates {x,y}から{r,θ}に変換する

RotationMatrix — 任意の次元における回転行列

複素数

AbsArg — 複素数を極形式に変換する

Abs  ▪  Arg  ▪  Sign  ▪  ReIm

測地学

GeoPosition  ▪  Latitude  ▪  Longitude  ▪  LatitudeLongitude

GeoDirection  ▪  GeoDestination  ▪  GeoDisplacement

球座標

ToSphericalCoordinates  ▪  FromSphericalCoordinates  ▪  CoordinateTransform

3D回転

EulerMatrix  ▪  RollPitchYawMatrix  ▪  AnglePath3D

極プロット

PolarPlot  ▪  ListPolarPlot  ▪  SphericalPlot3D

視覚的回転

Rotate  ▪  RotationTransform  ▪  ImageRotate

関連するガイド

ありがとうございました.

{yahoojp}yh01-myp01-gui-zd-3855