>  >  > 男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品

男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品 ユニフォーム Yoyorule model

男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品 ユニフォーム Yoyorule model

男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品 ユニフォーム Yoyorule model

DHCPを使う場合はそのまま。。固定IPを使う場合は、/etc/network/interfaceを編集する ★直送便 G-FORCE ジーフォース HUBSAN X4 AIR PRO用 Wi-Fiリピーター GH578。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet static
 address x.x.x.x
 netmask x.x.x.x
 network x.x.x.x
 broadcast x.x.x.x
 gateway x.x.x.x
 # dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
 dns-nameservers x.x.x.x
 dns-search domain.hoge.jp

/etc/apt/source.listの編集_

最寄りのdebianサーバーを選ぶこと 景品セット 折りたたみ自転車/ポイント10倍/景品セット 20点/目録 A3パネル付/クオカード二千円分付/二次会景品。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing-proposed-updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
# Uncomment if you want the apt-get source function to work
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free

終了時にrsyncでバックアップ_

Debianのhalt時に自動でバックアップをとる方法

まず、rsyncをインストール

# aptitude install rsync

次に、まずバックアップする先を決める。 BUFFALO HD-W1.0T2/R1をUSB接続で外付けHDDとしてつけているのでそれにバックアップする。Gnomeを使っているからなのか、自動的に/media/usb1にマウントしてくれるので、そこにBackupHomeというディレクトリを作り保存することにする。

rsyncは前回と変更があったものだけを転送してくれるそうなので、/home/hogehoge以下のファイルをまずバックアップすることにする

# mkdir /media/usb1/BackupHome
# rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/

次に/etc/init.d/に終了時にバックアップを行うスクリプト backup_home.sh を用意する。 /etc/init.d/halt を参考に以下のように作った。

#! /bin/sh
case ">

Debian GNU/Linux Lenny覚え書き

インストール直後_

/etc/network/interfaceの編集_

DHCPを使う場合はそのまま。固定IPを使う場合は、/etc/network/interfaceを編集する。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet static
 address x.x.x.x
 netmask x.x.x.x
 network x.x.x.x
 broadcast x.x.x.x
 gateway x.x.x.x
 # dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
 dns-nameservers x.x.x.x
 dns-search domain.hoge.jp

/etc/apt/source.listの編集_

最寄りのdebianサーバーを選ぶこと。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing-proposed-updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
# Uncomment if you want the apt-get source function to work
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free

終了時にrsyncでバックアップ_

Debianのhalt時に自動でバックアップをとる方法

まず、rsyncをインストール

# aptitude install rsync

次に、まずバックアップする先を決める。 BUFFALO HD-W1.0T2/R1をUSB接続で外付けHDDとしてつけているのでそれにバックアップする。Gnomeを使っているからなのか、自動的に/media/usb1にマウントしてくれるので、そこにBackupHomeというディレクトリを作り保存することにする。

rsyncは前回と変更があったものだけを転送してくれるそうなので、/home/hogehoge以下のファイルをまずバックアップすることにする

# mkdir /media/usb1/BackupHome
# rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/

次に/etc/init.d/に終了時にバックアップを行うスクリプト backup_home.sh を用意する。 /etc/init.d/halt を参考に以下のように作った。

#! /bin/sh
case "$1" in
 start)
 # No-op
 ;;
 restart|reload|force-reload)
 echo "Error: argument '$1' not supported" >&2
 exit 3
 ;;
 stop)
 /usr/bin/rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/
 ;;
 *)
 echo "Usage: $0 start|stop" >&2
 exit 3
 ;;
esac

実際にこれでrsyncが動くかを試す。

# /etc/init.d/backup_home.sh stop

終了時にこれを実行したいので、 /etc/rc0.d/ にシンボリックリンクを張る。

# ln -s /etc/init.d/backup_home.sh /etc/rc0.d/K17backup_home

これで、毎回 halt するたびにホームディレクトリのバックアップをとることができる。

Apache2 + SSL + WebDav_

httpsを起動_

まず、httpsを走らせるところまで。

# aptitude install apache2
# cd /etc/apache2/sites-available
# gunzip -c /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz > httpd-ssl.conf
# cp -p httpd-ssl.conf ssl
# cp -p default default.org
# a2enmod ssl
# a2ensite ssl

次に証明書を作成以下のURLを参考に。

/etc/ssl/openssl.cnfの編集

# cd /etc/ssl
# cp -p openssl.cnf openssl.cnf.org
# vi openssl.cnf

以下のとおりに編集

# diff openssl.cnf.org openssl.cnf
172c172
< # nsCertType = server
---
> nsCertType = server
241c241
< # nsCertType = sslCA, emailCA
---
> nsCertType = sslCA, emailCA

続いて、自前証明書の作成。

# cd /usr/lib/ssl/misc/
# # ./CA.sh -newca

上記コマンドを実行して、どうやるかは以下のサイトを参照

次に証明書を所定の位置に設置。

# cd demoCA
# mkdir /etc/apache2/ssl
# cp ./cacert.crt /etc/apache2/ssl
# cd private/
# mkdir /etc/apache2/ssl/private
# cp ./cakey.pem /etc/apache2/ssl/private/
# cd /etc/apache2/sites-available

次にdefaultとsslを編集する。

% diff httpd-ssl.conf ssl
> NameVirtualHost *:443
77,79c77,79
< DocumentRoot "/usr/share/apache2/default-site/htdocs"
< ServerName www.example.com:443
< ServerAdmin you@example.com
---
> DocumentRoot "/var/www/"
> #ServerName localhost:443
> ServerAdmin gotoh@aise.ics.saitama-u.ac.jp
99c99
< SSLCertificateFile /etc/apache2/server.crt
---
> SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl/cacert.crt
107c107
< SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/server.key
---
> SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl/private/cakey.pem

ポイントはdefaultとsslのそれぞれにNameVirtualHost *:80とNameVirtualHost *:443を置くこと。

起動して確認する。

/etc/init.d/apache2 stop
/etc/init.d/apache2 start

webdavを設定_

# cd /etc/apache2/sites-available
# cp -p /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-dav.conf .
# cp -p httpd-dav.conf webdav
# mkdir /home/webdav
# chown -R www-data:www-data /home/webdav
# a2enmod dav
# a2enmod auth_digest
# a2ensite webdav

webdavの設定ファイルを以下のように編集

# diff httpd-dav.conf webdav
15c15
< DavLockDB "/var/DavLock"
---
> DavLockDB "/tmp/DavLock"
17c17
< Alias /uploads "/uploads"
---
> Alias /webdav "/home/webdav"
19c19
< <Directory "/uploads">
---
> <Directory "/home/webdav">
22,23c22,24
< Order Allow,Deny
< Allow from all
---
> Order Deny,Allow
> Deny from all
> Allow from xxx.xxx.xxx.xxx localhost
26c27
< AuthName DAV-upload
---
> AuthName DAV
29c30
< AuthUserFile "/user.passwd"
---
> AuthUserFile "/etc/apache2/webdav.passwd"
33,34c34,35
< <LimitExcept GET OPTIONS>
< require user admin
---
> <LimitExcept OPTIONS>
> require valid-user

apacheを再起動する。

# /etc/init.d/apache2 stop
# /etc/init.d/apache2 start

CUPS経由でBrother HL5270DNを使う_

お手頃価格のモノクロレーザープリンターHL-5270DNをネットワークプリンタとして、Debian GNU/Linux Lenny経由で使用する。

まずは、プリンタドライバをダウンロードする

上記のページからLPR用ドライバとCUP Wrapperをダウンロードする。その後、インストール。

% dpkg -i brhl5270dnlpr_2.0.0-2_i386.deb
% dpkg -i cupswrapperHL5270DN-2.0.1-1.i386.deb

このままだと、USB接続の設定になってしまう。そこで、設定を書き換える。2007年10月18日時点では、私の環境ではWeb経由(http://localhost:631/)やGNOMEの「システム」ー>「システム管理」ー>「Printing」経由だと設定途中でcupsdが落ちてしまうため、/etc/cups/printers.conf を直接編集した。

ちなみに2007年10月18日時点での環境は以下のとおり

pi:/media/disk# dpkg -l | grep cups
ii cupswrapperhl5270dn 2.0.1-2 Brother HL5270DN CUPS wrapper driver
ii cupsys 1.2.12-1 Common UNIX Printing System(tm) - server
ii cupsys-bsd 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - BSD comman
ii cupsys-client 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - client pro
ii cupsys-common 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - common fil
ii cupsys-driver-gutenprint 5.0.1-3 printer drivers for CUPS
ii gnome-cups-manager 0.31-3 CUPS printer admin tool for GNOME
ii libcupsimage2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - image libs
ii libcupsys2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - libs
ii libgnomecups1.0-1 0.2.2-5 GNOME library for CUPS interaction
ii libgnomecupsui1.0-1c2a 0.31-3 UI extensions to libgnomecups

プリンタが192.168.1.100にある場合、/etc/cups/printers.conf のDeviceURIという項目を以下のように書き換える。

DeviceURI lpd://192.168.1.100/Binary_P1

ポイントは、プロトコルは「LPD」、URIは「192.168.1.100」、そして、キューは「Binary_P1」ということ。このキューはWindowsでプリンターを設定した場合のキューを参考にした(参考ページによれば、Brother製品の多くのもので同じキューが使われているみたい)

その後、cupsdを再起動する。

# /etc/init.d/cupsys stop
# /etc/init.d/cupsys start

戻る_

" in start) # No-op ;; restart|reload|force-reload) echo "Error: argument '>

Debian GNU/Linux Lenny覚え書き

インストール直後_

/etc/network/interfaceの編集_

DHCPを使う場合はそのまま。固定IPを使う場合は、/etc/network/interfaceを編集する。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet static
 address x.x.x.x
 netmask x.x.x.x
 network x.x.x.x
 broadcast x.x.x.x
 gateway x.x.x.x
 # dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
 dns-nameservers x.x.x.x
 dns-search domain.hoge.jp

/etc/apt/source.listの編集_

最寄りのdebianサーバーを選ぶこと。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing-proposed-updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
# Uncomment if you want the apt-get source function to work
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free

終了時にrsyncでバックアップ_

Debianのhalt時に自動でバックアップをとる方法

まず、rsyncをインストール

# aptitude install rsync

次に、まずバックアップする先を決める。 BUFFALO HD-W1.0T2/R1をUSB接続で外付けHDDとしてつけているのでそれにバックアップする。Gnomeを使っているからなのか、自動的に/media/usb1にマウントしてくれるので、そこにBackupHomeというディレクトリを作り保存することにする。

rsyncは前回と変更があったものだけを転送してくれるそうなので、/home/hogehoge以下のファイルをまずバックアップすることにする

# mkdir /media/usb1/BackupHome
# rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/

次に/etc/init.d/に終了時にバックアップを行うスクリプト backup_home.sh を用意する。 /etc/init.d/halt を参考に以下のように作った。

#! /bin/sh
case "$1" in
 start)
 # No-op
 ;;
 restart|reload|force-reload)
 echo "Error: argument '$1' not supported" >&2
 exit 3
 ;;
 stop)
 /usr/bin/rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/
 ;;
 *)
 echo "Usage: $0 start|stop" >&2
 exit 3
 ;;
esac

実際にこれでrsyncが動くかを試す。

# /etc/init.d/backup_home.sh stop

終了時にこれを実行したいので、 /etc/rc0.d/ にシンボリックリンクを張る。

# ln -s /etc/init.d/backup_home.sh /etc/rc0.d/K17backup_home

これで、毎回 halt するたびにホームディレクトリのバックアップをとることができる。

Apache2 + SSL + WebDav_

httpsを起動_

まず、httpsを走らせるところまで。

# aptitude install apache2
# cd /etc/apache2/sites-available
# gunzip -c /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz > httpd-ssl.conf
# cp -p httpd-ssl.conf ssl
# cp -p default default.org
# a2enmod ssl
# a2ensite ssl

次に証明書を作成以下のURLを参考に。

/etc/ssl/openssl.cnfの編集

# cd /etc/ssl
# cp -p openssl.cnf openssl.cnf.org
# vi openssl.cnf

以下のとおりに編集

# diff openssl.cnf.org openssl.cnf
172c172
< # nsCertType = server
---
> nsCertType = server
241c241
< # nsCertType = sslCA, emailCA
---
> nsCertType = sslCA, emailCA

続いて、自前証明書の作成。

# cd /usr/lib/ssl/misc/
# # ./CA.sh -newca

上記コマンドを実行して、どうやるかは以下のサイトを参照

次に証明書を所定の位置に設置。

# cd demoCA
# mkdir /etc/apache2/ssl
# cp ./cacert.crt /etc/apache2/ssl
# cd private/
# mkdir /etc/apache2/ssl/private
# cp ./cakey.pem /etc/apache2/ssl/private/
# cd /etc/apache2/sites-available

次にdefaultとsslを編集する。

% diff httpd-ssl.conf ssl
> NameVirtualHost *:443
77,79c77,79
< DocumentRoot "/usr/share/apache2/default-site/htdocs"
< ServerName www.example.com:443
< ServerAdmin you@example.com
---
> DocumentRoot "/var/www/"
> #ServerName localhost:443
> ServerAdmin gotoh@aise.ics.saitama-u.ac.jp
99c99
< SSLCertificateFile /etc/apache2/server.crt
---
> SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl/cacert.crt
107c107
< SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/server.key
---
> SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl/private/cakey.pem

ポイントはdefaultとsslのそれぞれにNameVirtualHost *:80とNameVirtualHost *:443を置くこと。

起動して確認する。

/etc/init.d/apache2 stop
/etc/init.d/apache2 start

webdavを設定_

# cd /etc/apache2/sites-available
# cp -p /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-dav.conf .
# cp -p httpd-dav.conf webdav
# mkdir /home/webdav
# chown -R www-data:www-data /home/webdav
# a2enmod dav
# a2enmod auth_digest
# a2ensite webdav

webdavの設定ファイルを以下のように編集

# diff httpd-dav.conf webdav
15c15
< DavLockDB "/var/DavLock"
---
> DavLockDB "/tmp/DavLock"
17c17
< Alias /uploads "/uploads"
---
> Alias /webdav "/home/webdav"
19c19
< <Directory "/uploads">
---
> <Directory "/home/webdav">
22,23c22,24
< Order Allow,Deny
< Allow from all
---
> Order Deny,Allow
> Deny from all
> Allow from xxx.xxx.xxx.xxx localhost
26c27
< AuthName DAV-upload
---
> AuthName DAV
29c30
< AuthUserFile "/user.passwd"
---
> AuthUserFile "/etc/apache2/webdav.passwd"
33,34c34,35
< <LimitExcept GET OPTIONS>
< require user admin
---
> <LimitExcept OPTIONS>
> require valid-user

apacheを再起動する。

# /etc/init.d/apache2 stop
# /etc/init.d/apache2 start

CUPS経由でBrother HL5270DNを使う_

お手頃価格のモノクロレーザープリンターHL-5270DNをネットワークプリンタとして、Debian GNU/Linux Lenny経由で使用する。

まずは、プリンタドライバをダウンロードする

上記のページからLPR用ドライバとCUP Wrapperをダウンロードする。その後、インストール。

% dpkg -i brhl5270dnlpr_2.0.0-2_i386.deb
% dpkg -i cupswrapperHL5270DN-2.0.1-1.i386.deb

このままだと、USB接続の設定になってしまう。そこで、設定を書き換える。2007年10月18日時点では、私の環境ではWeb経由(http://localhost:631/)やGNOMEの「システム」ー>「システム管理」ー>「Printing」経由だと設定途中でcupsdが落ちてしまうため、/etc/cups/printers.conf を直接編集した。

ちなみに2007年10月18日時点での環境は以下のとおり

pi:/media/disk# dpkg -l | grep cups
ii cupswrapperhl5270dn 2.0.1-2 Brother HL5270DN CUPS wrapper driver
ii cupsys 1.2.12-1 Common UNIX Printing System(tm) - server
ii cupsys-bsd 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - BSD comman
ii cupsys-client 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - client pro
ii cupsys-common 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - common fil
ii cupsys-driver-gutenprint 5.0.1-3 printer drivers for CUPS
ii gnome-cups-manager 0.31-3 CUPS printer admin tool for GNOME
ii libcupsimage2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - image libs
ii libcupsys2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - libs
ii libgnomecups1.0-1 0.2.2-5 GNOME library for CUPS interaction
ii libgnomecupsui1.0-1c2a 0.31-3 UI extensions to libgnomecups

プリンタが192.168.1.100にある場合、/etc/cups/printers.conf のDeviceURIという項目を以下のように書き換える。

DeviceURI lpd://192.168.1.100/Binary_P1

ポイントは、プロトコルは「LPD」、URIは「192.168.1.100」、そして、キューは「Binary_P1」ということ。このキューはWindowsでプリンターを設定した場合のキューを参考にした(参考ページによれば、Brother製品の多くのもので同じキューが使われているみたい)

その後、cupsdを再起動する。

# /etc/init.d/cupsys stop
# /etc/init.d/cupsys start

戻る_

' not supported" >&2 exit 3 ;; stop) /usr/bin/rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/ ;; *) echo "Usage:

Debian GNU/Linux Lenny覚え書き

インストール直後_

/etc/network/interfaceの編集_

DHCPを使う場合はそのまま。固定IPを使う場合は、/etc/network/interfaceを編集する。

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet static
 address x.x.x.x
 netmask x.x.x.x
 network x.x.x.x
 broadcast x.x.x.x
 gateway x.x.x.x
 # dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
 dns-nameservers x.x.x.x
 dns-search domain.hoge.jp

/etc/apt/source.listの編集_

最寄りのdebianサーバーを選ぶこと。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing-proposed-updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
# Uncomment if you want the apt-get source function to work
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ testing main contrib non-free

終了時にrsyncでバックアップ_

Debianのhalt時に自動でバックアップをとる方法

まず、rsyncをインストール

# aptitude install rsync

次に、まずバックアップする先を決める。 BUFFALO HD-W1.0T2/R1をUSB接続で外付けHDDとしてつけているのでそれにバックアップする。Gnomeを使っているからなのか、自動的に/media/usb1にマウントしてくれるので、そこにBackupHomeというディレクトリを作り保存することにする。

rsyncは前回と変更があったものだけを転送してくれるそうなので、/home/hogehoge以下のファイルをまずバックアップすることにする

# mkdir /media/usb1/BackupHome
# rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/

次に/etc/init.d/に終了時にバックアップを行うスクリプト backup_home.sh を用意する。 /etc/init.d/halt を参考に以下のように作った。

#! /bin/sh
case "$1" in
 start)
 # No-op
 ;;
 restart|reload|force-reload)
 echo "Error: argument '$1' not supported" >&2
 exit 3
 ;;
 stop)
 /usr/bin/rsync -a /home/hogehoge/ /media/usb1/BackupHome/
 ;;
 *)
 echo "Usage: $0 start|stop" >&2
 exit 3
 ;;
esac

実際にこれでrsyncが動くかを試す。

# /etc/init.d/backup_home.sh stop

終了時にこれを実行したいので、 /etc/rc0.d/ にシンボリックリンクを張る。

# ln -s /etc/init.d/backup_home.sh /etc/rc0.d/K17backup_home

これで、毎回 halt するたびにホームディレクトリのバックアップをとることができる。

Apache2 + SSL + WebDav_

httpsを起動_

まず、httpsを走らせるところまで。

# aptitude install apache2
# cd /etc/apache2/sites-available
# gunzip -c /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz > httpd-ssl.conf
# cp -p httpd-ssl.conf ssl
# cp -p default default.org
# a2enmod ssl
# a2ensite ssl

次に証明書を作成以下のURLを参考に。

/etc/ssl/openssl.cnfの編集

# cd /etc/ssl
# cp -p openssl.cnf openssl.cnf.org
# vi openssl.cnf

以下のとおりに編集

# diff openssl.cnf.org openssl.cnf
172c172
< # nsCertType = server
---
> nsCertType = server
241c241
< # nsCertType = sslCA, emailCA
---
> nsCertType = sslCA, emailCA

続いて、自前証明書の作成。

# cd /usr/lib/ssl/misc/
# # ./CA.sh -newca

上記コマンドを実行して、どうやるかは以下のサイトを参照

次に証明書を所定の位置に設置。

# cd demoCA
# mkdir /etc/apache2/ssl
# cp ./cacert.crt /etc/apache2/ssl
# cd private/
# mkdir /etc/apache2/ssl/private
# cp ./cakey.pem /etc/apache2/ssl/private/
# cd /etc/apache2/sites-available

次にdefaultとsslを編集する。

% diff httpd-ssl.conf ssl
> NameVirtualHost *:443
77,79c77,79
< DocumentRoot "/usr/share/apache2/default-site/htdocs"
< ServerName www.example.com:443
< ServerAdmin you@example.com
---
> DocumentRoot "/var/www/"
> #ServerName localhost:443
> ServerAdmin gotoh@aise.ics.saitama-u.ac.jp
99c99
< SSLCertificateFile /etc/apache2/server.crt
---
> SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl/cacert.crt
107c107
< SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/server.key
---
> SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl/private/cakey.pem

ポイントはdefaultとsslのそれぞれにNameVirtualHost *:80とNameVirtualHost *:443を置くこと。

起動して確認する。

/etc/init.d/apache2 stop
/etc/init.d/apache2 start

webdavを設定_

# cd /etc/apache2/sites-available
# cp -p /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-dav.conf .
# cp -p httpd-dav.conf webdav
# mkdir /home/webdav
# chown -R www-data:www-data /home/webdav
# a2enmod dav
# a2enmod auth_digest
# a2ensite webdav

webdavの設定ファイルを以下のように編集

# diff httpd-dav.conf webdav
15c15
< DavLockDB "/var/DavLock"
---
> DavLockDB "/tmp/DavLock"
17c17
< Alias /uploads "/uploads"
---
> Alias /webdav "/home/webdav"
19c19
< <Directory "/uploads">
---
> <Directory "/home/webdav">
22,23c22,24
< Order Allow,Deny
< Allow from all
---
> Order Deny,Allow
> Deny from all
> Allow from xxx.xxx.xxx.xxx localhost
26c27
< AuthName DAV-upload
---
> AuthName DAV
29c30
< AuthUserFile "/user.passwd"
---
> AuthUserFile "/etc/apache2/webdav.passwd"
33,34c34,35
< <LimitExcept GET OPTIONS>
< require user admin
---
> <LimitExcept OPTIONS>
> require valid-user

apacheを再起動する。

# /etc/init.d/apache2 stop
# /etc/init.d/apache2 start

CUPS経由でBrother HL5270DNを使う_

お手頃価格のモノクロレーザープリンターHL-5270DNをネットワークプリンタとして、Debian GNU/Linux Lenny経由で使用する。

まずは、プリンタドライバをダウンロードする

上記のページからLPR用ドライバとCUP Wrapperをダウンロードする。その後、インストール。

% dpkg -i brhl5270dnlpr_2.0.0-2_i386.deb
% dpkg -i cupswrapperHL5270DN-2.0.1-1.i386.deb

このままだと、USB接続の設定になってしまう。そこで、設定を書き換える。2007年10月18日時点では、私の環境ではWeb経由(http://localhost:631/)やGNOMEの「システム」ー>「システム管理」ー>「Printing」経由だと設定途中でcupsdが落ちてしまうため、/etc/cups/printers.conf を直接編集した。

ちなみに2007年10月18日時点での環境は以下のとおり

pi:/media/disk# dpkg -l | grep cups
ii cupswrapperhl5270dn 2.0.1-2 Brother HL5270DN CUPS wrapper driver
ii cupsys 1.2.12-1 Common UNIX Printing System(tm) - server
ii cupsys-bsd 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - BSD comman
ii cupsys-client 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - client pro
ii cupsys-common 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - common fil
ii cupsys-driver-gutenprint 5.0.1-3 printer drivers for CUPS
ii gnome-cups-manager 0.31-3 CUPS printer admin tool for GNOME
ii libcupsimage2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - image libs
ii libcupsys2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - libs
ii libgnomecups1.0-1 0.2.2-5 GNOME library for CUPS interaction
ii libgnomecupsui1.0-1c2a 0.31-3 UI extensions to libgnomecups

プリンタが192.168.1.100にある場合、/etc/cups/printers.conf のDeviceURIという項目を以下のように書き換える。

DeviceURI lpd://192.168.1.100/Binary_P1

ポイントは、プロトコルは「LPD」、URIは「192.168.1.100」、そして、キューは「Binary_P1」ということ。このキューはWindowsでプリンターを設定した場合のキューを参考にした(参考ページによれば、Brother製品の多くのもので同じキューが使われているみたい)

その後、cupsdを再起動する。

# /etc/init.d/cupsys stop
# /etc/init.d/cupsys start

戻る_

{yahoojp}yh01-myp01-gui-zd-1364 start|stop" >&2 exit 3 ;; esac

実際にこれでrsyncが動くかを試す。

# /etc/init.d/backup_home.sh stop

終了時にこれを実行したいので、 /etc/rc0.d/ にシンボリックリンクを張る。

# ln -s /etc/init.d/backup_home.sh /etc/rc0.d/K17backup_home

これで、毎回 halt するたびにホームディレクトリのバックアップをとることができる。

Apache2 + SSL + WebDav_

httpsを起動_

まず、httpsを走らせるところまで。

# aptitude install apache2
# cd /etc/apache2/sites-available
# gunzip -c /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz > httpd-ssl.conf
# cp -p httpd-ssl.conf ssl
# cp -p default default.org
# a2enmod ssl
# a2ensite ssl

次に証明書を作成以下のURLを参考に。

/etc/ssl/openssl.cnfの編集

# cd /etc/ssl
# cp -p openssl.cnf openssl.cnf.org
# vi openssl.cnf

以下のとおりに編集

# diff openssl.cnf.org openssl.cnf
172c172
< # nsCertType = server
---
> nsCertType = server
241c241
< # nsCertType = sslCA, emailCA
---
> nsCertType = sslCA, emailCA

続いて、自前証明書の作成。

# cd /usr/lib/ssl/misc/
# # ./CA.sh -newca

上記コマンドを実行して、どうやるかは以下のサイトを参照

次に証明書を所定の位置に設置 電動自転車 ポイント10倍 景品 セット 20点 目録 A3パネル付 幹事さん特典 QUOカード二千円分付 樹脂製傑作 美人マスク 真由美 Kigurumi Cosplay Half Head resin Mask MAYUMI。

# cd demoCA
# mkdir /etc/apache2/ssl
# cp ./cacert.crt /etc/apache2/ssl
# cd private/
# mkdir /etc/apache2/ssl/private
# cp ./cakey.pem /etc/apache2/ssl/private/
# cd /etc/apache2/sites-available

次にdefaultとsslを編集する

% diff httpd-ssl.conf ssl
> NameVirtualHost *:443
77,79c77,79
< DocumentRoot "/usr/share/apache2/default-site/htdocs"
< ServerName www.example.com:443
< ServerAdmin you@example.com
---
> DocumentRoot "/var/www/"
> #ServerName localhost:443
> ServerAdmin gotoh@aise.ics.saitama-u.ac.jp
99c99
< SSLCertificateFile /etc/apache2/server.crt
---
> SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl/cacert.crt
107c107
< SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/server.key
---
> SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl/private/cakey.pem

ポイントはdefaultとsslのそれぞれにNameVirtualHost *:80とNameVirtualHost *:443を置くこと。

起動して確認する。

/etc/init.d/apache2 stop
/etc/init.d/apache2 start

webdavを設定_

# cd /etc/apache2/sites-available
# cp -p /usr/share/doc/apache2.2-common/examples/apache2/extra/httpd-dav.conf .
# cp -p httpd-dav.conf webdav
# mkdir /home/webdav
# chown -R www-data:www-data /home/webdav
# a2enmod dav
# a2enmod auth_digest
# a2ensite webdav

webdavの設定ファイルを以下のように編集

# diff httpd-dav.conf webdav
15c15
< DavLockDB "/var/DavLock"
---
> DavLockDB "/tmp/DavLock"
17c17
< Alias /uploads "/uploads"
---
> Alias /webdav "/home/webdav"
19c19
< <Directory "/uploads">
---
> <Directory "/home/webdav">
22,23c22,24
< Order Allow,Deny
< Allow from all
---
> Order Deny,Allow
> Deny from all
> Allow from xxx.xxx.xxx.xxx localhost
26c27
< AuthName DAV-upload
---
> AuthName DAV
29c30
< AuthUserFile "/user.passwd"
---
> AuthUserFile "/etc/apache2/webdav.passwd"
33,34c34,35
< <LimitExcept GET OPTIONS>
< require user admin
---
> <LimitExcept OPTIONS>
> require valid-user

apacheを再起動する。

# /etc/init.d/apache2 stop
# /etc/init.d/apache2 start

CUPS経由でBrother HL5270DNを使う_

お手頃価格のモノクロレーザープリンターHL-5270DNをネットワークプリンタとして、Debian GNU/Linux Lenny経由で使用する。

まずは、プリンタドライバをダウンロードする

上記のページからLPR用ドライバとCUP Wrapperをダウンロードする。その後、インストール。

% dpkg -i brhl5270dnlpr_2.0.0-2_i386.deb
% dpkg -i cupswrapperHL5270DN-2.0.1-1.i386.deb

このままだと、USB接続の設定になってしまう。そこで、設定を書き換える。2007年10月18日時点では、私の環境ではWeb経由(http://localhost:631/)やGNOMEの「システム」ー>「システム管理」ー>「Printing」経由だと設定途中でcupsdが落ちてしまうため、/etc/cups/printers.conf を直接編集した。

ちなみに2007年10月18日時点での環境は以下のとおり

pi:/media/disk# dpkg -l | grep cups
ii cupswrapperhl5270dn 2.0.1-2 Brother HL5270DN CUPS wrapper driver
ii cupsys 1.2.12-1 Common UNIX Printing System(tm) - server
ii cupsys-bsd 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - BSD comman
ii cupsys-client 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - client pro
ii cupsys-common 1.3.2-1 Common UNIX Printing System(tm) - common fil
ii cupsys-driver-gutenprint 5.0.1-3 printer drivers for CUPS
ii gnome-cups-manager 0.31-3 CUPS printer admin tool for GNOME
ii libcupsimage2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - image libs
ii libcupsys2 1.3.0-3 Common UNIX Printing System(tm) - libs
ii libgnomecups1.0-1 0.2.2-5 GNOME library for CUPS interaction
ii libgnomecupsui1.0-1c2a 0.31-3 UI extensions to libgnomecups

プリンタが192.168.1.100にある場合、/etc/cups/printers.conf のDeviceURIという項目を以下のように書き換える。

DeviceURI lpd://192.168.1.100/Binary_P1

ポイントは、プロトコルは「LPD」、URIは「192.168.1.100」、そして、キューは「Binary_P1」ということ 男性ジュエリー・アクセサリー Hot Wheels Car Maker Chassis & Wax Sticks Refill Pack (10 Sticks, 3 Chassis) 正規輸入品。このキューはWindowsでプリンターを設定した場合のキューを参考にした(参考ページによれば、Brother製品の多くのもので同じキューが使われているみたい)

その後、cupsdを再起動する。

男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品 ユニフォーム Yoyorule model

ヤトミン ダイキャスト モデルカー ミニカー DIE CAST METAL COLLECTION DELUXE EDITION 1:18 1959 CHEVROLET IMPALA REPLICA NIB フォルクスワーゲン Welly Volkswagen Golf IV Serie モデルカー ミニカー.ジョニーライトニング ダイキャスト モデルカー 自動車模型 ミニカー 1/64 JL Johnny Lightning 84th Indy Indianapolis 500 Millennium 2000 Event Car Knight Rider Knight 2000 KITT Car 1:25 Scale Model Kit プラモデル 模型 モデルキット おもちゃ, モーターマックス Motormax 1/24 Scale 79325 McLaren P1 White Diecast model car 自動車模型 モデルカー ミニカー グンゼ産業/エレール 1/43 アルピーヌ A310,アリイ 1/32 '67 ホンダ N360 オーナーズ郷愁クラブ(ジオラマ) 自動車模型 キット・プラモデル その他 1965 Ford Galaxie 500 XL,シュコー SCHUCO 1/43 - B6 696 1987 MERCEDES BENZ A KLASSE - BLACK モデルカー ミニカーミニカー ハイストーリー (HS121BK) 1/43 マツダ CX-3(DK5) 2015年 ジェットブラックマイカ AirFlowzインフレータブル3-pumpkinスタック、4フィート,【送料無料】Perre Group Oceana Triptych Jigsaw Puzzle (1000-Piece) 正規輸入品 【送料無料】EuroGraphics Niagara Falls Puzzle (1000 Piece) 正規輸入品,ドミノゲーム 8歳〜13歳用 Pavilion Games 10 in 1 Game Set AND Angry Birds Collectible Action Figure - Mighty Eagle - Bundle 正規輸入品,Echelon 1 : 35ウクライナAFV ukraine-russia危機Pt。5 Btr - 80 # d356208,Bloody Atoll US海兵隊歩兵、タラワ1943年11月、1 / 35マスターボックス3543 Schuco/シュコー Fendt 211フロントローダー,オットー Ford Escort RS Cosworth Grpe A 1/18e OTTO 自動車模型 モデルカー ミニカー大怪獣シリーズ ウルトラマン編 古代怪獣ゴモラ コスプレ衣装 ワールドトリガー 三輪秀次 風 コスチューム ハロウィン クリスマス イベント お祭り 仮装,ミニカー 1/43モデル MARK43 1/43 いすゞベレット GT タイプ R PR91W スポーツ ホイール メープル オレンジ PM4314SP CMC ダイキャスト モデルカー ミニカー Ferrari Racer Race Car Vintage Sport GT Exotic V 12 1 18 Carousel Red Metal,【送料無料】ミニカー Hot Wheels Custom VOLKSWAGEN DRAG BUS Ghostbusters 2016 LAX Convention Real Riders Rubber Wheels 1:64 Scale Collectible Die ミニカー 1/18モデル 1970 Dodge Charger R/T 50th Anniversary FY4 Light Gold Limited Edition to 1002pc 1/18 by Autoworld AMM1077,鯉のぼり こいのぼり 翔勇鯉 7m 6点 撥水加工 ポール別売り Dreamgirl メンズ バトル Beast コスチューム, ブラック/Red, Medium海外取寄せ品,ヴィンテージスタイルHolidayクリスマス赤い鼻トナカイマスク二次会 ビンゴ景品 特大A3パネル付目録 松阪牛 メガ盛り2kg ジグソーパズル 1000ピース ポビー Himeji Castle 71-324 1000 piece cherry wind (japan import) by Beverly 正規輸入品 […]

The post Ravensburger プレミアム パズル Cinderella's Transformation 500 ピース ジグソーパズル パ海外取寄せ品 appeared first on コスプレ衣装 IDOLiSH7 アイドリッシュセブン 大正ロマン SSR 七瀬陸 風 コスチューム ハロウィン クリスマス イベント お祭り 仮装.

男性ジュエリー・アクセサリー Daron MTA Motorized Subway Car with Lights, Sound & Working Doors 正規輸入品 ユニフォーム Yoyorule model

ハロウィン コスプレ 輸入品 Gargoyle Flexi Ears マッチボックス ダイキャスト モデルカー 自動車模型 ミニカー Matchbox Superfast 57 Land Rover Fire Truck Mint- in G Box MIB.リオ グランデ ゲーム Trias(海外取寄せ品) マーベル HeroClix: ガーディアン of the Galaxy Booster Brick (10) by WizKids(海外取寄せ品), はらぺこあおむしパズル&amp;トランプセット ダンボール戦機W (ダブル) LBXカスタムウエポン 016,ウィンロス トラック ダイキャスト モデルカー ミニカー 1997 Eagle Transport Holland MI Winross Diecast Delivery Trailer Truck EFE エクスクルーシブ・ファースト・エディション バス モデルカー ミニカー EFE 15635A - 1/76 AEC Routemaster, London Transport, RM1964, Reg no ALD 964B,鯉のぼり 徳永鯉 吹流し単品 撥水加工 風舞い ポリエステル 立体交差織 139594726鯉のぼり こいのぼり 錦鯉 金寿鯉 2 ベランダタイプ スパン飛龍吹流し ホームセット タイプ 20号 山陽美工 雛人形 ひな人形 三段飾り 五人飾り 節句人形 初節句 30号×3段 溜塗/黄ライン 「麗華 No.A」 送料無料,大人も子供もダイキャストカーが大好き♪Maisto R/C 1:24 Lamborghini Hurac?n Polizia Radio Control Vehicle (Colors May Vary) 自動車模型 モデルカー ミニカー Citroen DS3 WRC, No.17, Rallye Portugal, 2012, M,コスプレ 衣装 ハロウィン パーティー Astronaut - Adult メンズ,Dog Tags Vitruvian Man by Da Vinci 正規輸入品,チャイルドシート カトージ ジョイー エレベート Joie Elevate Katoji ジュニアシート コスプレ 衣装 ハロウィン パーティー Rasta Imposta Trophy Head Deer メンズ,ジグソーパズル上級編 2000ピース ゲーム パズル Heye Trafalgar 2000 Piece Christoph Sch?ne Jigsaw Puzzle 正規輸入品片手用はさみ ベース付 PTT-1 武田翔太 2016 BBM ソフトバンク FLY ON 直筆サインカード 01/10,The Adventures of Ronald McDonald Trading Cards NCIS ネイビー犯罪捜査班 コスチュームカードセット Costume 8 Card set,タミヤアフター XB完成済みボディ スーパーファイターGR ウイング付 #18085953 京商 R/Cユニットセット(2.4GHz) #MB002,【送料無料 500円クーポン発行中 】G-FORCE ジーフォース HUBSAN X4 DESIRE用 コンパスモジュール GH514おもちゃ/ホビー モデルカー アルファ・ロメオ Alfa Romeo 8C Competizione, red, 0, Model Car, Ready-made, Welly 1:24 Bandai Hobby HGUC Silver Bullet Model Kit (1/144 Scale) [並行輸入品],MG 1/100 MS-18E ケンプファー 限定クリアパーツ付き 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 モーターマックス ダイキャスト モデルカー 自動車模型 ミニカー Motorworks Volkswagen Nardo W12 Show Car 1:18 Scale Die-Cast New In Box […]

The post おもちゃ/ホビー モデルカー ポンテアック # 18106 Signature Models 1936 Pontiac Deluxe, Black 1/18 Scale Diecast appeared first on ディズニーベアー  テーブルイズウェイティング コスプレ衣装.

# /etc/init.d/cupsys stop
# /etc/init.d/cupsys start

戻る_

{yahoojp}yh01-myp01-gui-zd-1364